自動車

軽自動車はエンジンからの騒音が大きい

即、お金のない人たちがクルマを購入するというのなら、選択肢はやっぱり軽自動車かもしれません。軽自動車であなたは満足でしょうか。

軽自動車のメーカーは、いろいろ工夫をして、軽自動車の満足度をアップしているようですが、どうしても軽自動車にデメリットも。

軽自動車は、価格が安くて、コストパフォーマンスが高いという言い方もされますが、どうしても窮屈というイメージを持っている人たちもいます。

窮屈というイメージは、間違いではありません。だから、軽自動車は安いのです。

それでも軽自動車は、大人4人乗車することができます。軽自動車は、ここまで出来ることを評価してもいいですが、決して大満足とは言うことができないスペース空間です。

まだまだ、軽自動車には、デメリットもありますので、そちらの方もしっかりcheckしましょう。

もちろん、これ程多くの人たちが軽自動車に乗っている訳ですから、軽自動車が駄目ということではありません。ただし合宿免許で運転免許取得して即クルマが欲しいという人たちが、軽自動車を急いで購入して、「こんなはずじゃなかった」という思いになって欲しくはありません。

軽自動車のデメリットを許すことができないのなら、選択肢は、軽自動車でないクルマです。

エンジンからの騒音が大きい

軽自動車のデメリットは、エンジンからの騒音が大きいことです。軽自動車の場合は、 少ないパワーでクルマを動かすので、 アクセルを踏めば踏むほど、音
はうるさいと感じてしまうことでしょう。

高速道路を軽自動車でというシーンも遭遇するかもしれませんが、そのような場所で、エンジンは、相当強制労働を強いられて、悲鳴のような音が聞こえて来てついつい軽自動車で高速道路って大丈夫?という気持ちにもなってしまうことでしょう。

一緒に乗っている人たちといろいろ会話もしたいと思っているものの、声が聞こえなかったり、オーディオを快適に……ということも、なかなか難しい現状があります。

絶対的なパワーが不足

合宿免許で運転免許取得して軽自動車を購入する人たちは、それ程軽自動車に対して、パワーがないと言うことはあらかじめ理解しているかもしれませんが、絶対的なパワーが不足している事態を痛感するとき、やっぱり軽自動車でなければ良かったと思う瞬間です。

軽自動車の排気量は最大660ccということもしっかり理解しなければならないでしょう。

さらには出力もメーカー自主規制で64psに抑えられています。

たった上り坂ではアクセルを踏んでもスピードが上がらないことがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です